一般歯科

歯をできるだけ残す治療を

歯は、一度でも削ると、同じところにまた虫歯ができるリスクが高いため、いかに削らずに治療するか、あるいは削る場合でもいかにその量を少なくするかが大切です。また、インプラントやセラミックなどの優れた治療選択肢があるとは言え、自分の歯に勝るものはありません。そのため、虫歯や歯周病が進行してしまった場合でも、歯をできるだけ抜かずに保存することが重要です。
当院は、スコープを使った精度の高い治療で患者さまの歯をできるだけ残すようにしており、他の歯科医院では「抜くしかない」と言われた場合でも、歯を残すことに成功した実績が多数あります。

移植と再植

歯を残すために行う治療の中でも、当院が特に得意としているのが移植と再植です。移植は歯を抜いて親知らずなどの他の歯を代わりに入れること、再植は歯を一旦抜いて必要な処置をした後に再度同じ位置に歯を戻すことを言います。その際、歯の根っこを一部切り取る、歯を半分削るなど、専門性の高い処置が必要になります。

通常の虫歯治療や歯周病治療の範囲では「抜歯するしかない」と思われる歯でも、これらの治療を施すことで抜かずに済むことがありますので、どうしても歯を残したい、可能性があるならそれに懸けたいという方は、横山歯科医院へご相談ください。

レーザー治療

当院は炭酸ガスレーザーを導入しており、より患者さまの負担が少なく、効果が高い治療を行っています。

初期の虫歯

歯を削ることなく、虫歯の治療をすることができます。痛みがなく、麻酔も必要ありません。

口内炎の治療

口内炎に照射することで痛みが和らぎ、治癒を促します。

知覚過敏

レーザーを照射することで、露出してしまった歯の小さな穴を塞ぎます。

歯周病治療

歯茎の腫れを抑えたり、切開して膿を出したりするために使用します。

止血

歯茎から血が出た際に、レーザーを照射することで止血します。

歯茎の色素を除去

歯茎に沈着したメラニン色素を分解し、きれいなピンク色の歯茎に戻します。

歯周病について

歯周病は歯を支えている骨が溶けてしまう疾患で、日本人が歯を失う最も大きな原因になっています。どんなに歯が健康でも、土台となっている骨がなくなってしまうと、その歯は抜かざるを得なくなってしまいます。横山歯科医院では、スケーリング(歯石除去)や歯磨き指導といった基本的な歯周病治療だけでなく、必要に応じて歯茎を切開して歯の周りを徹底的にお掃除する歯周外科治療や、なくなってしまった骨を再生する骨造成、歯の根元が露出したところに歯茎を移植する治療なども実施しています。

親知らずの抜歯

当医院では親不知の難しい症例とされている水平埋伏などの抜歯も対応しております。まずはご相談から受け付けておりますのでお気軽にお越し下さい。

予防歯科のご案内

当院では、歯を残すための様々な治療を行っていますが、やはりそうなる前に健康な歯のまま維持しておくのが一番です。今では歯科医院は「歯が悪くなった時に治療してもらうところ」ではなく、「健康な歯を維持するために行くところ」という認識が日本でも広まってきました。予防は痛みがなく、時間の面でも費用の面でも結果的に負担を抑えることに繋がります。歯の治療が終わった方も、これまで一度も治療を受けたことがない方も、良い状態を保つためにぜひ横山歯科医院へお越しください。なお、当院では目安として最低でも4ヶ月に一度は歯石除去をされることをお勧めしています。

根面被覆

Befor

After

  • 当医院が掲載されています Doctor's File ドクターズ・ファイル
  • 当医院の口コミを見る e歯医者さんドットコム
  • スルガ銀行のデンタルローン
  • 医院ブログ
  • ご利用可能クレジット
  • Web予約はこちら
  • tel_spimg.png